読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

吉方旅行~南房総ひとり旅 三日目~

この日は朝食を食べてバスが来るまでの間、ちょっとだけ白浜周辺を散歩した。

 

f:id:alcoxxxx:20151217183158j:image

 

散歩と言っても、あいにくの暴風雨・・、海が見えるところまでほんとに少しだけ歩いた。 

とても、海岸や灯台までは行けそうにない。

 

f:id:alcoxxxx:20151217183229j:image  

その後、バスに乗り館山駅まで行くも、この天気では観光もできず。

前回も書きましたが、本当に南房総は天候に左右される街だと思いました。

 

そこで、一日目のホテルで教えてもらった、サルビアコーヒーの本店へ行ってみることに。

駅から徒歩5分・・との記載だが、体感としては傘を差しながら見知らぬ土地を歩いたためか、10分ぐらいのような気がした(^^;

 

お店は純喫茶風だけど、インテリアや内装はあか抜けていて、若い人も好きそうな感じ! お昼時でしたが、普段、食べないのに朝・夜とホテルのビュッフェ続きだったため、お腹の調子が悪いある子はコーヒーだけいただきました。

 

f:id:alcoxxxx:20151217183250j:image

 

喫茶スペースだけではなく、ちょっとした雑貨も販売していた。なぜか、猫と沖縄の琉球ガラスの物が多い。

 

この日になると、胃の調子がかなり悪くなっていたので、正直、コーヒーの美味しさを感じる余裕はなかったのですが、待望のサルビアコーヒーのコーヒー豆もGETし(おまけでいただいた、コーヒー味のチョコもまた激ウマ!)、少しだけ晴れた気持ちで店を出ました。

 

で、午後には止む、と言われていた雨はなかなか止まず、館山駅西口(海方面)のカフェにでも行ってみようかと思ったのですが、想像以上に海岸沿いはヤバい感じがしたため、再び駅構内へ…。

 

元々、ある子は利用予定がありませんでしたが、フェリーやロープウェイも欠航しており、電車も遅れているようで、駅構内には行き場を失った観光客たちがぼーっとイスに座っていました笑

本当に南房総は天候に・・(以下、略

 

 「はぁ、マジでやることがない。 こんな遠くまでわざわざ来たのに腹は痛いし、天気は最悪だし、本当にやることがない。。」

 

と、この日は気圧の下がり方も半端なかった(後で知ったが)ため、マイナス思考になってしまいました。

 

そこで、ある程度、お腹もすいてきたため、駅近のカフェに入ることにしました。

 

そのカフェは「館山 中村屋というお店でした。

中村屋」と言うと…?

そう、あの「新宿 中村屋」さんから暖簾分けしたお店だそうです!

 

一階は持ち帰り用のパンやお菓子、ケーキで溢れ(ものすごい種類の多さ)、二階はイートインスペースになっていました。

館山に来て思ったのは、都内やベッドタウンの喫茶店と違って、割とどこでもちゃんとした食事が取れるということ。あまり、お茶やケーキセットだけ、というお客さんはいなさそうです。

 

ある子は腹が痛かったので、シチューセットのような物を注文し、セットのパンは包んでもらうことにしました。お店の人も快く応じてくださいました。

 

f:id:alcoxxxx:20151217183320j:image

 

 そして、食事を食べ終わる頃・・なんと、、

 

ついに晴れたのです!!

 

「ありがと~! 神様~~!!」 と、言ったか言わなかったかはさておき、ある子は店に傘を置き忘れてしまうほど、喜びに溢れて走り出してしまいました。

 

気づけば、

 

f:id:alcoxxxx:20151217184411j:image

 

もう、南房に来たら、海に向かって行ってみれば良いと思うほど、南房の海は綺麗です。(ただし、悪天候時はダメ)

 

f:id:alcoxxxx:20151217183430j:image

 

しばらく、海岸沿いを散歩。

海岸近くの道路沿いには、このような、有名人のコメント付きパネルが並んでいました。

 

f:id:alcoxxxx:20151217184603j:imagef:id:alcoxxxx:20151217184614j:image

 

うーん(^_^) 「らしさ」が出過ぎていて、なんか別の人が「本人が言いそうなこと」を書いたんじゃないか?ってぐらい、「らしい」ひと言!!笑

あと、散々、カフェに寄ったため、結局、入らなかったけど雰囲気の良いカフェが多いのも素敵でした。

 

その後は更に海の近くへ。

雨が降ったばかりだというのに、波は低く、空には鳥たちが自由に羽ばたいておりました。

 

f:id:alcoxxxx:20151217185108j:image

 

こちらの館山湾は波が穏やかで、水面がきらきらと輝いているので、別名「鏡ヶ浦」と呼ばれているほど。

 f:id:alcoxxxx:20151217185123j:image

 

見ていてもずっと飽きない、大人が海岸沿いを歩いたり、ゆったりと過ごすのにはぴったりな海です。

 

その後は館山駅からバスに乗って、15分程の宿へ向かう。

次回はついに最終日です!!