読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

学んだこと 2015

f:id:alcoxxxx:20151018142449j:plain

 

まだ、今年が終わっていないのに何ですが、2015年はいろいろと新しい経験をして、大きな価値観の変化があった年でした。

 今年、新たに学んだことをメモとしてまとめてみようと思います。

 

①餅は餅屋

 

今年はちょっとした労働トラブルに巻き込まれてしまい、初めて法律の専門家に依頼をしました。

 

もちろん、最初の方は自分で調べて、大げさにならないように収めようと思っていました。ところが、ニッチな問題だったので、ちょっとネットで調べたぐらいではわからないし、何より自分が把握していないことを先方に話したところで、納得してもらえないだろうと思いました。

 

で、結局、法律の専門家にお金を払って依頼をすることにしたのです。

 

幸い、良心的(すぎるぐらい)な料金で対応してくださる方が見つかって、ほぼ収束に向かっております。

 

現代人はネットや本で調べて自力で何とかしてしまおうとする癖がついていますが、「お金や人生に関わることは少し、お金を払ってでも専門家に頼んだ方がいい」ということを学びました。

 

 ②本当に良い情報は手間(信頼、時間、お金など)をかけないと得られない

 

「人は本当に良い情報は簡単には教えてくれない」ということです。

多分ですが、人は「ちょっといいかも」ぐらいの情報を一番、ベラベラ話すものだと思うんです。

例えば、化粧品。「ちょっといいかも」ぐらいであれば簡単に人に教えてしまいますが、もし、「すごくいい」、「各段に見違える」という品を見つけてしまったとしたら、絶対に教えないと思います。少なくとも、話す人は選ぶ、のではないでしょうか。

 

あとは、良いご縁などもそうです。

ある子にはなかなかかわいい女友達が何人かいます。

ある時、飲み会で知り合った男性から「誰か紹介してよ~」的なことを言われたので美人の友達を紹介してあげたのですが、その後、バンバンメールが来て「○○さん(その友人)って今、彼氏いるの~?」、「俺が告白したとして上手くいくと思う~?」、「○○さんが無理なら他の子紹介して~」と延々と相談をされました・・。

 

正直、美人を紹介してあげただけでも感謝してほしいのに、その後のアフターケアまでこちらに丸投げなんて面倒見切れません( `ー´)ノ 

「ええ~い、いい大人なんだから自分で訊いて、自分で誘わんかーい!!」と思ったので、今後、その人に友人を紹介することはやめにしました。

その上、大したアプローチもせず、他にかわいい女性が現れたらすぐに乗り換える、という所も嫌な感じがしました。

 

だいぶ、話が逸れましたが、これも「人は人を選んで情報を教える」ということの一例だと思います。

 

また、ある子はよく治療院(マッサージや鍼、整体など)に通うので人よりいい所を知っているのですが、本当にいい所は人にはあまり言いませんし、こうしたブログには絶対に書きません。

これは決して意地悪で言っているのではなく、混んでしまって、希望の日程に予約が取れなくなってしまうからです。

ちなみに、ある子が通っていたカイロは誰にも話していないのに、たった二年程で予約が取れなくなってしまいました・・。以前は毎週通っていたのに、三週間前でないと空きがないし、空いていても21時とか変な時間しかありません。

 

そういった、治療院は口コミサイトなどに口コミがほとんどないのです。

 

おそらく、ある子と同じ考えの人がたくさんいるからでしょう。

グルメサイトなどでも、本当に良いお店には口コミを書かなかったり、あえて悪口を書く人がいるそうです(これはもちろん、お店の了承を得て)。

ですから、職場の雑談で仕入れた情報や、ちょっとネットで検索して簡単に出てくる情報はあまり大したことがないのだと思います。

 

言い方は悪いですが、すごい情報という物は、普段から人に優しくして恩を売ったり、ときにはお金を出さないと得られない種類の物が、実はたくさんあるのではないでしょうか。

 

少々、偏った考えであることは自覚していますが、自分用のメモ程度として書いてみました('◇')ゞ

 

今年も残すところ、あと少し! がんばりましょう。