読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

私をオシャレカフェに連れてって!

日々のこと


数年前、ある子が行きつけのベーグルカフェに行ったときのお話です。

その日、ある子は買い物に疲れていたので、いつものようにその辺のカフェに入りました。
コーヒーとベーグルを注文し、スマホなど見ながら、コーヒーを飲んでいたところ、何やら見慣れないお客さんが入ってきました…。

その団体は、かなり若い(おそらく10代、男子×3人、女子×1人)男女でした。

そして、控えめに言っても、相当なヤンキーでした。。 全員、金髪で、上下、派手なジャージみたいな服を着ています。

なんとなく、ある子は、あまり、その団体とは目を合わせないように、静かーに過ごそうと思いました。
他のお客さんもそう、思ったようで、店内はたちまち静かになりました。

すると、そのヤンチャ系グループの会話が丸聞こえになり、聞こえてきたことには・・

少年A 「なーんでこんな店に来たんだよ~。 あー、マックに行きてぇー」

少年B 「(何やら下品な話をして騒ぎだす)」

少女A 「も~!! たまにはこういう、おしゃれな店に来てみたかったのー!! 静かにしてよ~!」

少年A&B&C 「・・・。(早くも飽きてる)」

そして、デリケートな少女Aは店の雰囲気を感知してか、みんなが食べ終わると、早々に店を退散するのでした。。

ある子はちょっと、ほっとしながらも、少女Aが少しかわいそうになりましたので、もうちょっといてもよかったのになあ、と思いました。

ヤンチャ系のお兄さんで、彼女がおられる方はたまにはオシャレな場所に彼女を連れて行ってあげてくださいね!