読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

元気な彼

最近、若い彼氏ができました。。


しかし、その彼はきょーぼーで、


f:id:alcoxxxx:20140709210635j:plain



こんな風に鏡を壊してしまったり、
写真はないのですが、マグカップも壊してしまいました…。


その彼はこんな感じです↓




f:id:alcoxxxx:20140709210810j:plain


「パターン青!! 使徒です!」


そうです。 我が家では猫を飼い始めたのです!


最初は、NPO法人で捨て猫の引き取り手を探していたので、それでもいいな、っと思っていたのですが、猫を思いやる気持ちはわからないでもないけど、なにやら手続きが面倒。。
(ネットの応募フォームの項目が多過ぎるし、面談も有り。 しつこいですが、気持ちはわかります)


な上に、ちょうど弟の友人が猫の引き取り手を探していた、ということもあり、その猫を貰うことにしました。

引き取り手を探している理由は、4匹猫を飼っているのですが、その猫だけ気性が荒く(縄張り意識が強いのかな?)、すぐにケンカをしてしまうから、とのことでした。


ちっちゃな日本猫を飼うつもりが、思わぬ外国の長毛種!

縁とは不思議なものです。

で、改めてご紹介します。

ヘルムート・ラング 三世(仮)

f:id:alcoxxxx:20140709211706j:plain


(仮)というのは、ある子家の家族、それぞれ、別の名前で呼んでいるから。。

ちなみに猫を飼うのは初のことです。

しかし、思いの外、母は横暴ながらも不思議な魅力を持つ、ヘルムート君にメロメロです!

まぁ、これだけでも飼ってよかったな、と思います。

ヘルムート君はノルウェージャンフォレストキャット(直訳すると、『ノルウェーの森の猫』! そんなところもドラマチック)という種類で、生後7ヶ月で、もう5キロ…。

今後が楽しみで仕方ありません^^;


✳︎成長すると、こんなモシャモシャになるそうです。 ノルウェーの猫だけあって、寒さに強いんだなー


f:id:alcoxxxx:20140709212817j:plain