読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

ネイルサロンに蜂

日々のこと

今日、ネイルサロンに行きました。
施術を受けているところに、一匹の蜂が進入し、隣りに座っていたお客さんは大騒ぎしていました。

しかし、ある子は田舎育ちな上、ある子担当のネイリストさんもそうなのか、かなり落ち着いた様子で店のインテリアにしてあるコップのようなもので蜂を捕らえ、シュッと何かの液体を噴射していました。

その後、数分経った頃、またもや蜂が。

しかも、同じく、大騒ぎしていたお客さんの所へ来ていました。
多分、そのお客さんが黒い服を着ていたからだと思います。

で、ふと、さっきの蜂を捕まえたカップを見ると蜂が動いていませんでした。
ってことは、ネイリストさん、蜂を殺した・・・。

いけません。

以前、友人のヤマネコの母が、蜂を殺し、大騒ぎになったという話を思い出しました。
なんか、蜂を殺すと、「ここは危険だぞ!!」みたいなホルモンを蜂が出すらしく、
仲間の蜂がどんどん、来てしまうのだそうです。

しかし、ある子はどのタイミングでこの事実を言うか悩み、結局、言わずに静かに施術を受けていました。

隣りのお客さんは、

「もう! これで蜂がまた来たら、本当に不思議ですよね!」

と言っていましたが、ある子は

「きっと、また来るわ・・」

と思っていました。

で、また蜂が来て、二匹目を別のネイリストさんが捕まえました。
今度は殺さずにそのままにしていましたが、そのお客さんが帰った後に、また三匹目が来ました。

ある子の隣りの隣りのお客さんがまた、反応していました。

ある子は蜂は機敏に動く物を攻撃することも知っていたので、気にせず、施術を受けていました。

その辺りである子の施術が終わり、ある子は無事、帰れることになりました。

「ごめんよ・・。 しかし、何れ此処は蜂でいっぱいだ・・・・。」

と思いながら、店を後にしました。。

アデュー!!