読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星に願いを☆ミ

ただ、静かに暮らしたい。

質屋活用

毎日をもっと豊かに

f:id:alcoxxxx:20160409153420j:image


昨年、とても良い質屋さんを見つけました。

 ちなみに質屋さんで物を売るときの基本としては、"数件回る"というのがありますよね! その質屋さんがどの位いいか、と言うとこんな感じです。

 

☆売りたい物:PRADAのコインケース

(おそらく¥30,000ぐらい。3回ぐらい使用。貰い物だが、貰ったのって10年以上前・・)

・A社・・・¥3,000

・Q社・・・¥8,000

 

☆売りたい物:ケイトスペードの長財布

(元値¥11,000ぐらい。綺麗な方だけど、ガッツリ2年使いました

・こちらは比較せず

・Q社・・・¥8,000

 

☆売りたい物:ダイヤ付きプラチナリング

(元値は内緒。かなり高かったけど、数回使用したので、プラチナ部分に傷有り)

・B社・・・¥25,000

・C社・・・¥10,000

・Q社・・・¥85,000

 

・・と、他社と比較すると、かなりの高額査定なのです!!

そして、お店がかなり綺麗で、査定してくれる方は男性ばかりなのですが、アロマの香りがして、お茶やお菓子も出してくれます♪


 こういう所も他のお店との営業努力の差が見えていいですよね~。

というわけで、掃除をして目ぼしい物を見つけては、質屋に売っているある子です笑

 

ただ、あまり値段が付かない物もあります。

・アクセサリー類(元値が高くても、金やプラチナじゃないやつだと厳しい)

・ビミョーなブランド品(シャネル!ヴィトン!プラダ!・・といった有名ブランドは高く売れますが、若者に人気でも、老若男女に知名度があるブランドでないと厳しい)

 

かなりざっくりな上に、あくまで素人目線ですが(^^;

 

あとは、お店によって、得意分野と不得意分野があるので、やはりいくつかの店舗は回った方が良さそうですね~。

 

※ちなみに、Q社とは『なんぼや』さんのことです。比較する際の選択肢に入れてみるといいかも💡

https://nanboya.com/

 

ステマみたいになってしまったが、ステマじゃないです|д゚)

もっと掃除して、たくさん売るぞー!

 

 

でふぉるめ

芸術と言えるほど大層な物でもないけれど
f:id:alcoxxxx:20160216022946j:image

f:id:alcoxxxx:20160216024035j:image

むむむ……! このやろう😼



うろ覚え似顔絵シリーズ

芸術と言えるほど大層な物でもないけれど

f:id:alcoxxxx:20160206011431j:image

f:id:alcoxxxx:20160206011434j:image

f:id:alcoxxxx:20160206011449j:image

意外にオカリナちゃん、似なかった笑
難P〜(°▽°)


年賀状NG集

芸術と言えるほど大層な物でもないけれど
年賀状NG集
 
※年賀状を貰って、気になることをマンガにしてみました。
 
 
f:id:alcoxxxx:20160108145430j:image
 
 
 
f:id:alcoxxxx:20160108145439j:image
 
 
 
f:id:alcoxxxx:20160108145514j:image
 
少し経ちましたが、明けましておめでとうございます。
ちょっと映りが悪くて見づらいのですが、マンガです。
 
今年の目標は
①旅行にたくさん行く
②お金を稼ぐ
③何かスキルを身に付けよう
の三本です(^◇^)
 
さっそく、以前、検討していたプライベートジム(ライザップっぽいやつ。だけどnot ライザップ)に入会いたしました!
 
みんな、胸板が厚いので、厚切りジェイソンになっちゃうかも!? 楽しみです♡
 

 

吉方旅行~南房総ひとり旅 四日目~②

旅行

風が強いのでちょっと怖いけど、なかなかの眺めです。

f:id:alcoxxxx:20151219020615j:image

そして、突発的な計画だったこともあって、次のバスまであと一時間ということに。 ひょえー!!ここで一時間も時間を潰すとは!

まあ、せっかくの機会なので、無駄と言われようが、敢えてだらだらと時間を潰すことにしました。近くにセ〇ンイレブンがあったのがありがたかったです。

ある子の高校は千葉県内にあったので、内房や外房から来ている生徒もけっこういました。そのため、しょっちゅう、強風で電車が止まり、遅刻などをしていて、当時のある子は「電車が弱いのかな?」と勝手に思っていました。

・・しかし、こうして来てわかりました。

風が・・普通に強いのです。

このレベルの強風では都内であっても、電車は止まるでしょう。

本当に、たまたま自然の驚異にさらされない場所で生活している、というだけであって、私たちは決して自然を征服したわけではないのだ、、ということが改めてわかりました。

※そして、偶然にも数日後、強風に煽られて窓が落ちた、というニュースが都心でありました。脆弱ぅ…(一。一;;)

その後、バス待ち中に、こんな人見知りのある子に話し掛けてくださった方もいました。 その方はダウンのコートにサンバイザーという、ある子が住んでいる地域ではあまり見かけない格好をされていましたが、南房では正解!

冬の寒さだけど、陽射しがかなり強いのです。

なんだか、ある子のことをこの辺に住んでいる人と思った様子でした。 しばし、歓談してバスに乗りました。

バスには地元の小学生が乗っており、

「どこに住んでるー?」

「茨城ーー!」 「東京ーー!」

といった遊びをしていました。 おそらく、もう、遠くから来たりする人がいなさ過ぎて“ギャグ”になっているレベルなのでしょう…。 面白いですね(^_^)

その後、館山駅でお土産を買ったり、ぶらぶらしました。 前日に中村屋さんに傘を忘れたので、取りに行きつつ、お土産を購入。

「ここまで来て洋菓子?」って感じですが、ここは何を食べても美味しくて、おしゃれで、かなり気に入ってしまいました!

こちらの当時のロシア皇帝のお抱え菓子職人からレシピを受け継いだという、ロシアケーキもありました。

f:id:alcoxxxx:20151219020804j:image

大正時代かららしいので、 すごい歴史だ!

そして、このショッキングピンクのマカロンは見かけによらず、現代的で繊細な味でした。

f:id:alcoxxxx:20151219012212j:image

すごく美味しかった。

また、この貝殻の形をしたチョコレートも、ものすごく美味しかった!

f:id:alcoxxxx:20151219012316j:image

見た目もレトロで可愛いし、何もかもが美味しかった。 素晴らしい!!

その日はもちろん、内房線が遅れていて、お土産を買った後も駅でボーッとすることとなりました。
なぜか、大量の高校生たちがいて、その会話を聞き流していたりしました。

ようやく、40分も経って、電車が到着。 しかし、強風のため、ノロノロ運転に…。

と、言うわけで、車内で女子高生の会話を散々聞いたわけですが、この辺では、「就職と言えば新〇鉄」、「結婚式と言えば富浦ロ〇ヤルホテル」、…みたいな感じなんだそう。

つまりは、「ここで生まれて、ここで死ぬ」ってやつです。

それが良いか悪いかは別として、正直、この時代に、同じ千葉県でこんな価値観の若者達が…!という素直な驚きがありました。
ある子の住む街はもう少し都会だけど、就職と言ったら都内に行く傾向があったため…。

「みんな、都内で結婚式を挙げたくないの?」と、一瞬、思いました。

まぁ、しかし、館山の有名人と言えば、X JAPANなわけですが、このバンドの現在(勿論、興行的な成功を収めたものの)を考えると、

「みんな、東京に来なければもう少し幸せだったのかな?」

と思わずにはいられませんでした。

当初、「同じ県内だし、大して変わらないっしょ」と思って軽い気持ちで来た旅行でしたが、回り回って、実にいろいろなことを考えさせられた旅でした。

旅行に慣れた皆さまも、たまには自分の意志に関わらず、第三者からいきなり、

「ここに行きなさい!!」

と言われて行ってみる旅、いかがでしょうか?

案外、発見があっていいものですよ。

それでは、これにてξどろん!ξ○Oo

☆最後の方、雑ですみません_(._.)_ 




吉方旅行~南房総ひとり旅 四日目~①

旅行

最終日。泊まったのはホテルと言うより、合宿所?風なところでした。

宿泊施設がメインではなく、テニスコートやサッカー場、ヨガなどをする体育館のような所もありました。

スタッフの方もホテルマンっぽくなくて、インストラクターの様な恰好をしていて親しみが持てました。

 

最終日はそれはそれで、夜間からの暴風により、風の音がすごくて怖い思いをしました。

しかし、さすがは南房の人たち。 そのインストラクター風の男子が夜、強風の中にも関わらず、サッカーをしていたので「よくあることなんだろうな」と変に安心して眠れました笑

 

今回は三泊四日の旅で、想像以上に海風などで衣服が気になったのでホテルのコインランドリーを利用。 手間はかかりますが、なかなかいいものです◎

 

胃痛も最高潮のため、例のもらったパンをもさもさと食べて、当日は就寝。

 

・・翌日。やはり止む、と言われていた強風は止まず。

またもや、遠くから景色を眺めることに。しかし、同じ館山湾とは言え、紺碧の美しい海に感激!! 本当に海は場所によってまったく違う顔を見せてくれます。

 

f:id:alcoxxxx:20151218222322j:image

f:id:alcoxxxx:20151218222342j:image

 

そのホテルにはレストランが併設されているので、好きなときに好きな物を食べられました。 それが、連泊には思いの外、ありがたかったのです。+゚*1。+

※海辺だとお刺身ばかりが出るし、量も多いのでw

またもや、シチューを注文しました。 眺望は素晴らしく、食事をしながら蒼い海を見られるという贅沢。 というわけで、矛盾はしていますが、シャンパンも注文しました笑

 

f:id:alcoxxxx:20151218222420j:image

 

f:id:alcoxxxx:20151218222432j:image

※都内等ではシャンパンのグラスがよくありますが、この辺にはグラスのシャンパンはなかなかないので、つい。。 調べてみると、シャンパンとかの炭酸ってボトルキープができないからあんまり置かないんだそう。 物事には理由があるのですね!

 

その後はホテルの方のご厚意で、駅まで送ってもらえることに。

この辺のホテルはちょっと訊いてみれば、快く送迎をしてくれることが多いです。 優しいヽ(^o^)丿

 

全体的にダラダラとした、ある子の旅ですが、本日は目的があります!

『萬徳寺(まんとくじ)』というお寺です。

なんと、館山で涅槃仏が見られるということ!!

 

(そこそこ)仏像好きのある子はすぐに飛びつき、割と突発的に行き先を決めました。

 

館山駅からバスに乗り、安房神戸というバス停で降ります。

歩いてすぐの所に、手書きの看板があり、ちょっとした山を登り始めるのですが、これが都会育ちには笑っちゃうほどの山で、周囲は竹藪で、急こう配・・。

一応、「車椅子の方、OK」とはなっているけど、この坂は厳しいでしょ笑…と言った感じです。

若干の不安を感じながらも山を登ると、受付のような所があり、更にその先に、お坊さんがいらっしゃいました。この辺のお寺や神社はなかなか宗教色が濃く、お参りの仕方も独特で、「覚えられるかな・・」と思いながら、お坊さんの説明を聞いていました。

 

写真がNGなため、こちらのサイトがわかりやすいです。

 

山の上にある、涅槃仏はなかなか見事で、しばし見入ってしまう程でした。

ぐるぐると三周回ると、自動的に、お参りスポットに辿り着くという仕組みでしたが、仏さまの足の裏には二つ、ご利益のありそうな印があり、一瞬、「あれ!? 上だっけ? 下だっけ?」と思いましたが、何となく「上だっ!」と思ってお祈りをしました。(合ってた)

 

風光明媚なこのお寺で、巨大な涅槃像を眺めていると、「近いようでこんな遠くに来てしまった」という気持ちと「こんな所にこんな仏像があることを何十年も知らずにいたなんて」という気持ちが複雑に合わさって、ついじろじろと周囲を見てしまいました。

 

f:id:alcoxxxx:20151218222513j:image

f:id:alcoxxxx:20151218222526j:image

 

何と言うか、自分は想像以上に何も見ていないし、どこにも行っていない。

 

その後、いかにもご利益のありそうなこのお寺で、お守りを購入し、山の上から景色を眺めました。 

 

 

*1:ヾ(o・ω・)ノ